日々のお知らせ

そろそろ白馬セミナーの準備も始めなければいけないが雪がちゃんと降ってくれて滑走可能なのか地震は大丈夫か自然によってこの会は左右されるところもあるので不安ではある。これは神のみぞ知るものである。時間制限のある学会とは違い、どてらを着て言いたいことが言えるようなラフな会として続けられているがまだまだ若い人たちが大先輩に噛みつくような熱血な先生がおられない。今回はプロスキーヤーであった稲葉先生がスキー界の重鎮方々の講演や実技指導も取り入れる予定で、一味違った白馬セミナーになることを願う。

コメント

コメントする